CODE
PHP
Python
SQLServer/MySQL

【超便利】VSCodeでMySQLを利用する方法

こんにちは!ニタマサ=NewM(@NewM07x2)です。

今回はVSCodeを用いてMySQLを利用していく方法をご紹介していきます。

結論から言うとVSCodeに展開されている拡張機能「Mysql」を用いていきます。

VSCodeはPythonやPHPでのコードを書くことができるのですが、MySQLってphpMyAdminでクエリを実行したりで意外と使い勝手悪いですよね。

VSCode無いにMysqlの環境を作ってしまえば、とても効率はよくなるかと思いますので、ぜひ最後までご覧いただき実践してみてください!

では、やっていきましょう!

※本記事ではMySQL本体のインストールに関しては触れていきませんので、まだMySQLの環境が完了していなかったら、公式HPからダウンロードもしくは以下、ローカル環境構築方法の記事を参考にしてみてください。

環境準備

今回設定していく環境は以下の通りになっています。

  • VSCode ( バージョン: 1.48.2 ) ※2020/09/09時点

拡張機能のインストール

以下、手順でインストールを進めていきます。

【手順】

  1. 左サイドバーより、拡張機能設定を押下
  2. 検索項目に「MySQL」と入力し、検索
  3. 上記、画像のMySQLをインストール

これでインストール作業はOKです。

MySQLへ接続する

続いてMySQLへ接続していきます。

インストールが完了したら、以下画像のように、ワークスペースタブ「MYSQL」が出てくるかと思います。

「MYSQL」タブにカーソルを合わせて、”+”をクリックして追加していきます。

入力内容は以下となっているので、順番通り入力していきます。

  1. ホスト名 (localhost)
  2. ログインユーザー名 (root)
  3. ログインパスワード(root)
  4. ポート (自身の環境で立てたポート番号)
  5. (オプション)SSL証明書のパス(なしでOK)

これでOKです。接続が完了したら、以下のようにデータベースが出力されます。

MySQL環境でSQLを流してみる

続いて、接続した環境でsql文を流してみましょう。

sqlを流したいデータベースにカーソルを合わせて、右クリックをします。

すると、「New Query」と出てくるので、これをクリックします。

後はselect文などを書いて実行していきます。

実行後は以下のように「result」ファイルが生成されて取得できます。

尚、実行に関しては「Code Runner」というプラグインで実行を行うと楽なので、入れておくのをオススメします。

先ほどと同様に拡張機能で追加するか、以下、URL先にて取得が可能です。

まとめ

いかがだったでしょうか。

VSCodeでMySQLを利用する方法をご紹介してきました。

ご紹介したプラグインを使えば、手間も省けるので、ぜひ効率よく作業をしていきましょ!

もし、この記事に関して分からない事や質問がある場合は、お問い合わせページまたはTwitterのDMまで連絡を頂ければと思います!!!
(ついでにフォローしていただけると最高に嬉しいです笑)

では!See you again!(´∀`)