CODE
JavaScript
Vue.js

【初心者必見】Vue.jsとは?特徴やメリット、注意点をわかりやすく解説します。

こんにちは!マサ(@NewM07x2)です。

Vue.jsってなに?
フレームワークなの?
簡単にまとめてほしい

こんな声に応えます。

Vue.jsとは?

Vue.jsはWebアプリケーションのUI部分などを開発する際に使われる、オープンソースのJavaScriptフレームワークです。JavaScript用のフレームワークは他にもReactやAngularなど数多くの種類がありますが、Vue.jsはその中でも特に高い採用率を誇ります。

Vue.jsの主な特徴・メリット

Vue.jsの特徴とメリットは以下が挙げられます。デメリットは特にないかもです。

  • 手軽に使い始められる
  • シンプルな設計で拡張性が高い
  • 覚えるべき知識が少なく、学習コストをおさえられる
  • 「DOM操作」を自動化できる

手軽に使い始められる

Vue.jsはHTMLに似た文法で覚えやすい上に、他フレームワークと比べシンプルに設計されています。またVue.jsは、scriptタグを1行追加するだけでよいことから、手軽に使い始められる点は大きなメリットかなと思います。

シンプルな設計で拡張性が高い

Vue.jsはシンプルに設計されている上に柔軟性が高く、他ライブラリと組み合わせて使うことも可能です。他のライブラリを使って開発中のUIに足りない部分があるときに、Vue.jsを使って補うこともできます。

手軽覚えるべき知識が少なく、学習コストをおさえられる

Vue.jsはフレームワークとしては規模が小さく設計がシンプルであることから、新しく覚えなくてはならない知識が少なくてすみます。そのため他のフレームワークより学習にほとんど時間がかかりません。

「DOM操作」を自動化できる

DOM(Document Object Model)とは、HTMLデータをJavaScriptなどから使うための技術です。WebブラウザでJavaScriptを動作させるときは、HTMLデータがDOMというツリー形式のデータに変換(パース)されます。DOM操作とは、文字通りDOMを操作(編集)することです。

たとえばよく使われるJavaScriptライブラリ「jQuery」を採用して開発を行う際は、DOM操作を手動で行わなくてはなりません。一方、Vue.jsはHTMLとJavaScriptのデータ・イベントの関連付けを自動で行います。(DOM操作が自動化される)

Vue.jsを使うときの注意点

以下主な注意点を1つずつ解説します。

  • 規模の大きな開発には不向き

規模の大きな開発には不向き

Vue.jsが得意としているのはSPAのようなシンプルで小規模な開発です。一方で、大規模な開発向けには適していません。大規模開発向けには、Angularなど先行するフレームワークの方が適しています。

まとめ

いかがだったでしょうか。

今回は『Vue.jsとは?特徴やメリット、注意点』について解説してきました。

もし、この記事に関して分からない事や質問がある場合は、お問い合わせページまたはTwitterのDMまで連絡を頂ければと思います!!!
(ついでにフォローしていただけると最高に嬉しいです笑)

では!See you again!(´∀`)